« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月29日 (金)

どうでもいいBD-R情報 Part3

Panasonicのデータ用新パッケージが発売になってました。
データ用は録画用より高く、普通ならスルーするところですが、パッケージ表に「日本製」と書かれているので一応購入。(ビックカメラ大宮店)
※Panasonicの録画用1層BD-Rは、パッケージ表に「日本製」表記がなく、そのうちこっそりと日本製でなくなる可能性があります。(BD-REはすでにインド製になりつつあります)
 
 
データ用1層6倍速BD-R
型番:LM-BR25MDH5
1680円(5枚)
Lmbr25mdh5_300_2
 
 
データ用1層4倍速BD-R
型番:LM-BR25LDH10
2680円(10枚)
Lmbr25ldh10_300
 
 
データ用2層4倍速BD-R
型番:LM-BR50LDH5
3480円(5枚)

Lmbr50ldh5_300
 
 
 
IDは従来のと同じです。
ということで、Panasonic日本製BD-Rは、あとしばらくは大丈夫そうですね。(油断は禁物)
※今回は買いませんでしたが、1層BD-RE、2層BD-REもパッケージ表に日本製表記あります。
 

| | コメント (0)

2010年10月26日 (火)

どうでもいいBD-R情報 Part2

maxellブランドの6倍速1層BD-Rがいつのまにかインド製になってたので購入。
 
Br25vplwpc10say300
 
Br25vplwpc10sayura_2  
 
「これはもしかしてインド製Panaか!?」とも思いましたが、
 
 
 
 
Moserbaer
 
Moser Baerでした。
あと数週間でBDR-206MBKが発売されそうなので、そのときの検証にでも使ってみます。
 

| | コメント (0)

2010年10月25日 (月)

Amazonからバック・トゥ・ザ・フューチャー 25thアニバーサリー Blu-ray BOX [Blu-ray] が発売日前日に到着(早っ!)

Bttf_pac

とりあえずPart1の最初の方のみ視聴。画質的にはこんなものか?という感じですが、WOWOW版よりはきれいです。
しかし、今さらVC-1とは・・・

【追記】Part3のみMPEG-4 AVCです。

 
Bttf_vc1

↑はPart1

 
 
AACSはPart1とPart3はV19で、Part2はV18でした。最新のAACSっぽいですが、Pioneer BDP-320(ファーム3.65)での再生は問題なしです。
Bttf_aacs

↑はPart1
Part1とPart3はV19ですが、Part2はなぜかV18

  

| | コメント (2)

どうでもいいBD-R情報

ビックカメラ大宮店でBD-Rをチェックしていると、TDKホワイト超硬に「新商品」の文字が。
「新商品」の文字が張られていないものもあり、よく見るとパッケージが微妙に違う上に、型番も違います。

Brv25hcpwb10abc400

Brv25hcpwb10abc400ura_2
 

 
旧パッケージ、型番
Brv25pwb10abc
BRV25PWB10A-BC(台湾製)
 
 
新パッケージ、型番
Brv25hcpwb10abc
BRV25HCPWB10A-BC(台湾製)
 
 
となると中身が気になりますが、
 
 
Unique Disc Identifier : [BD-R-SL:RITEK-BR2-000]
----------------------------------------------------------------------------
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Ritek Corp.]
Manufacturer ID : [RITEK]
Media Type ID : [BR2]
Product Revision : [000]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x]
----------------------------------------------------------------------------
 
 
・・・・・ただのRiTEKでした。(これは凹む)
なぜパッケージと型番を変えたのかは不明ですが、相変わらずホワイト超硬は買う価値なさそうです。
その他、maxellブランドの2層BD-REに中国製のものが出回り始めました。これは買いませんでしたが、中は多分中国TDKですね。
この感じだと、近いうちにTDKブランドの2層BD-REも中国製になりそうです。
 

| | コメント (2)

2010年10月23日 (土)

SONY 1層BD-R 25枚スピンドル

型番:25BNR1VCPP4
 
25bnr1vcpp4
 
25bnr1vcpp4la
 
 
 
なんとなくいやな予感はしましたが、
 
 
 
Unique Disc Identifier : [BD-R-SL:RITEK-BR2-000]
----------------------------------------------------------------------------
Disc Type :              [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name :      [Ritek Corp.]
Manufacturer ID :        [RITEK]
Media Type ID :          [BR2]
Product Revision :       [000]
Stamper Date :           [Not Present On Disc]
Layer Info :             [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity :    [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds :       [1x , 2x , 4x] 
---------------------------------------------------------------------------- 
 
RiTEKでした。
SONYのBD-Rは基本的に中身が不明なバクチメディアですね。
 
さて、25枚もどうしよう・・・
 

| | コメント (1)

2010年10月16日 (土)

SONY 1層BD-R新パッケージ

売っていたので、早速買ってきました。
 
1層6倍速BD-R
型番:5BNR1VCCS6 台湾製

5bnr1vccs6
 
5bnr1vccs6ura
 
 
Unique Disc Identifier : [BD-R-SL:SONY-NN3-002]
----------------------------------------------------------------------------
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Sony Recording Media Co.]
Manufacturer ID : [SONY]
Media Type ID : [NN3]
Product Revision : [002]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x , 6x]
----------------------------------------------------------------------------
 
台湾製になってしまいましたが、予想に反して自社IDです。
 

  
1層4倍速BD-R
型番:5BNR1VCCS4 台湾製

5bnr1vccs4
 
5bnr1vccs4ura
 
 
Unique Disc Identifier : [BD-R-SL:SONY-NN2-002]
----------------------------------------------------------------------------
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Sony Recording Media Co.]
Manufacturer ID : [SONY]
Media Type ID : [NN2]
Product Revision : [002]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x]
----------------------------------------------------------------------------
 
4倍速はどうせRiTEK・・・と思ってたら、予想に反して自社IDです。
ということで、TDKとかの1層はもう指名買いする価値ないですが、SONYはまだ価値がありそうですね。
 

| | コメント (0)

2010年10月10日 (日)

今頃になってSONY BDP-S360設置 & 学習リモコン購入

FF13以降PS3でほとんどゲームをしないので、PS3を取り外すことにしました。
開いたスペースには、約1年前に買って開封すらしていなかった SONY BDP-S360 を設置。
そのため、リモコンの数が結構えらいことに・・・
 
20101010_2
 
 
左から、
 
 ○ TOSHIBA 42Z8000
 ○ SONY BDZ-RX55
 ○ Panasonic DMR-BW690
 ○ Pioneer BDP-320
 ○ SONY BDP-S360
 ○ DENON DHT-S500HD
 
リモコンだらけに・・・さすがにこれはなんとかしたいということで、実はあまり好きでない学習リモコンを購入。
買ったのは SONY RM-PLZ430D です。
 
20101010_1
 
 
なぜこれにしたかというと、開閉ボタンはじめボタン数が多いことです。私はリモコンには開閉ボタンは絶対必要派なので、ほぼ迷うことなくこれにしました。
SONY BDP-S360 のリモコンには開閉ボタンがなく、実に不便。
「メディアを出し入れ時にプレイヤーに近づくのでいらないのでは?」
という意見もありますが、メディアを入れるときはともかく、出すときは若干待たされるので、これは必要です。
 
 開閉ボタン押す
  ↓
 プレイヤーのところへ行く
  ↓
 すでにトレイが開いている

 
実際、後継機種の BDP-S370 は開閉ボタンが復活してます。
RM-PLZ510D も少し検討しましたが、開閉ボタンはじめボタン数が絶対的に少ないので、却下。
 
SONY RM-PLZ430D の学習は非常に簡単で、各機器のリモコンの電源ボタンで一発登録ができます。(一発登録後、必要に応じて追加、変更)
で、だいぶすっきりしました。
 
20101010_3
 
 
BDXL対応再生専用機が出るまではこの構成で行く予定です。(というか、年内は節約生活を・・・)
 

| | コメント (0)

2010年10月 3日 (日)

日本製BD-RE消滅中

Panasonic LM-BE25H10N
Lmbe25h10n
 
Unique Disc Identifier : [BD-RE-SL:MEI-T01-001]
----------------------------------------------------------------------------
Disc Type : [BD-RE SL : Class 0 - Version 2]
Manufacturer Name : [Matsushita Electric Industrial Co. Ltd.]
Manufacturer ID : [MEI]
Media Type ID : [T01]
Product Revision : [001]
Stamper Date : [December 2005]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x]
----------------------------------------------------------------------------
 
 
↑のBD-REですが、日本製とインド製が流通してます。私はもうREはほとんど使いませんが、REを使っている人は今のうちにある程度買っておいたほうがいいかもしれません。

パッケージを開けた後に気がついたので、ビリビリですが。
 
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/cdr/1283645228/332
 
というか、↑を投稿したのは私ですが・・・(汗)
 
 
あと、TDKの2層BD-REも中国製になりつつあるようです。SHARPブランドの2層BD-REで中国製のがあったので購入。

SHARP VR-50BE1
Vr50be1_2
Vr50be1_ura
 
Unique Disc Identifier : [BD-RE-DL:TDKBLD-Wfa-000]
----------------------------------------------------------------------------
Disc Type : [BD-RE DL : Class 0 - Version 2]
Manufacturer Name : [TDK Corp.]
Manufacturer ID : [TDKBLD]
Media Type ID : [Wfa]
Product Revision : [000]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [2 Layers (L0-L1) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [24,438,784 Sectors = 50.05 GB (46.61 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x]
----------------------------------------------------------------------------
 
予想通り、中国製2層BD-REでした。
SHARPブランドのメディアを買う人はあまりいないかもしれませんが、買うときは要注意ですね。
型番は中国製も日本製も同じなので、通販で買うときはバクチです。
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

OSの再インストール

ノートンの2011年版がいつの間にか発売になっていたので、OSの再インストールです。
Windows7のインストールは何回も行っていて、最近はインストールのたびに電話アクチを求められますが、今回も電話アクチになりました。
前回から変わったハードは光学ドライブのみです。(前回電話認証すませてます)これくらいの変更なら電話不要か?なんて思ってましたが、あいかわらず電話しないとだめです。XPやVistaより認証がきつくなった気がするのは私だけでしょうか?
しかたがないので、いつものように電話します。XPの時代からすると、軽く数十回は電話してます。
 
 
「認証お願いします」
「製品はなんですか?」
「Windows7 Professionalです」
「製品版ですか?」
「そうです」
「片側に丸みがある箱ですか?」←最初なに言ってるのかわかりませんでした。
「・・・・・すいません、もう一度お願いします」
「箱の隅が丸くなってますか?」
「え~と、、はいそうなってます」
「プロダクトキーはありますか?」
「はいあります」
「前回と同じパソコンですか?」
「はいそうです」
「パーツを変更されましたか」
「光学ドライブの交換、ファームウェアの更新を行ってます。それ以外は変えてません」
「認証行ったのは今回で何回目ですか」
「もう何回も行ってます!」←少し怒り口調

 
 
で、ようやくアクチ可能となりました。
それにしても、マイクロソフトはいつまでこんなことをやるのか?
まぁどんな時間帯(朝の4時とか)に電話してもオペレーターの人に繋がらなかったことは一度もないので、困ることはないのですが。(メンドクサイ)
 
 
しかし箱の形状まで確認されたのには驚きました。
 

| | コメント (2)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »