« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月31日 (金)

なにこのマッチメイクひどすぎ・・・・・

青木vs自演乙の特別ルールが決定…Dynamite!!

http://hochi.yomiuri.co.jp/battle/news/20101229-OHT1T00234.htm

と思ったら、これは最高に面白かった。

1ラウンド
とにかく逃げる。見ているほうも「このルールじゃ逃げてもしょうがないよなぁ」と思うわけですが、予想をはるかに上回る露骨な逃げにもうこれは笑うしかない。
ロープ掴んでドロップキックとか、大観衆の空気まるで読まずにためらいなく実行。で、時間切れ。あ~これはもう勝負あったなと。(まぁプロの世界なのでこんなもんか・・・)

2ラウンド
最初のタックルにドンピシャでカウンター膝がクリーンヒット。時間にして開始4秒。一撃で仕留める。

 

http://www.uproda.net/down/uproda186373.jpg

 

| | コメント (0)

2010年12月25日 (土)

DBP-1611UD(K)がシナびているらしいので、確認すべく・・・(以下略)

http://forum.slysoft.com/showthread.php?t=41885
 
---------------------------------------------------------------

ヨドバシ・ドット・コムをご利用いただき、ありがとうございます。

下記のご注文に関してご利用いただきましたクレジットカードでの決済を
確認させていただきました。ご注文商品の出荷に向けて手続きを進めてまいります。
ご注文商品の出荷準備が整いましたら、メールにてご連絡させていただきます。
(表示の価格は、すべて消費税総額表示です)

【ご注文番号】 **********
---------------------------------------------------------------
・ご注文主のお名前       ****様
・ご注文日           2010年12月25日

・お届け先のお名前       ****様
・商品のお届け先        埼玉県********************************
・納品方法           一括納品

【ご注文金額】今回のお買い物合計金額    39,800 円
---------------------------------------------------------------
・クレジットカードでのお支払い  39,800 円

・今回の還元ゴールドポイント数  3,980 ポイント

※ゴールドポイントは、商品出荷時に還元させていただきます。
 分割納品の場合は、各商品の出荷ごとに還元されます。

【ご注文商品】
---------------------------------------------------------------
・「DBP-1611UD(K) [ユニバーサルブルーレイディスクプレーヤー]」
  1 点    39,800 円
・配達料金:  0 円

---------------------------------------------------------------
 
 
届いたらまずはCinaviaチェックですね。
 

 
【追記】
その後なにげにヨドバシのHP見たら、ヨドバシアキバでは在庫◎になっていたので、あわててキャンセルして店頭で買ってきました。
(昼頃ヨドバシドットコムに発注する前は、未入荷だったのですが、夕方に入荷したようです)
ところがセットアップが思いのほかうまくいかず、なぜかネットにつながらない・・・
 

| | コメント (2)

2010年12月23日 (木)

Optiarc BD-5300S情報

更新まで時間かかるかもしれないので、基本情報だけこっちの方に書いておきます。
 
 
ドライブ情報
Djou_bd5300s_dvdinfo2  
初期ファームは1.02でしたが、最新の1.03にアップしてます。
 
 
 
 
製品ラベル
Bd5300s_la
2010年11月製造の中国製
 
 
 
 
フロントベゼル
Bd5300s_mae
 
 
 
天板
Bd5300s_ten_2
LITE-ONと違います。LITE-ON iHBS112の天板は↓の形状。
 
Ihbs112_ten_2
 
 

基板
 
Optiarc BD-5300S
http://yss.cocolog-nifty.com/bd5300s/bd5300s_kibanb.jpg
 
LITE-ON iHBS112
http://yss.cocolog-nifty.com/bd5300s/ihbs112_kibanb.jpg
 
 
設計的には同じっぽいです。
 
 
 
 
基板(反対側)
 
Optiarc BD-5300S
Bd5300s_kiban2
"Sony Optiarc"のシルク印刷あり。
 
 
 
  
LITE-ON iHBS112
Ihbs112_kiban2
メインチップはどちらも"MT1939"
 
 
 
その他は調査中・・・
 

| | コメント (0)

maxellのBDXL

maxellからもBDXLメディアが発売されてました。言うまでもなくTDKなので、載せる価値なさそうですが、5000円近くもするので、一応載せておきます。
 
Br100vwpb1j_400
 
Br100vwpb1j_ura
maxellのも中国製でした。
 

中身はおなじみのTDKです。

Unique Disc Identifier : [BD-R-3L:TDKBLD-RNC-000]
----------------------------------------------------------------------------
Disc Type : [BD-R 3L : Class 1 - Version 2]
Manufacturer Name : [Manufacturer Not Found In Database]
Manufacturer ID : [TDKBLD]
Media Type ID : [RNC]
Product Revision : [000]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [3 Layers (L0-L2) : 497.12 GB (462.98 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [728,202,096 Sectors = 1,491.36 GB (1,388.94 GiB)]
Recording Speeds : [?x]
----------------------------------------------------------------------------
 

| | コメント (0)

2010年12月21日 (火)

バイオハザードIV アフターライフの容量がなんかおかしい

Bio0

3D再生環境がないのに、いろいろ気になることもあるので、2D版と3D版買ってきました。
どちらもCinavia入りで、実際に発動することも確認。AACSは(どちらも)V19でした。
 
容量は、OSから見ると↓のようになってます。(左が2D版で、右が3D版)
 
Bio1
 
 
3D版は容量的にいっぱいいっぱいな感じです。英語音声がロスレスではないのは、やはり容量的な問題でしょうか?
 
 
 
 
・・・・・と、ここまではいいのですが、STREAMフォルダを見ると、なんか変です。(左が2D版で、右が3D版)
 
Bio2
  
 
76.6GBとかおかしなことになってますが、多分↓のと同じ現象ですね。

http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/cdr/1281137051/408-422
 

| | コメント (5)

2010年12月19日 (日)

SONYからもBDXLメディアが登場

といっても当然自社なんてことはなく、TDK中国製です。
なんか、3層メディアは早くも中国にシフトしたっぽいですね。
 
Bnr3vapj4_400
 
Bnr3vapj4_ura
 
 
----------------------------------------------------------------------------
Unique Disc Identifier : [BD-R-3L:TDKBLD-RNC-000]
----------------------------------------------------------------------------
Disc Type :              [BD-R 3L : Class 1 - Version 2]
Manufacturer Name :      [Manufacturer Not Found In Database]
Manufacturer ID :        [TDKBLD]
Media Type ID :          [RNC]
Product Revision :       [000]
Stamper Date :           [Not Present On Disc]
Layer Info :             [3 Layers (L0-L2) : 497.12 GB (462.98 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity :    [728,202,096 Sectors = 1,491.36 GB (1,388.94 GiB)]
Recording Speeds :       [?x] 
----------------------------------------------------------------------------
[ DVD Identifier V5.2.0 - http://DVD.Identifier.CDfreaks.com ]
----------------------------------------------------------------------------
 

| | コメント (0)

2010年12月11日 (土)

早くも中国製のBDXLメディアが登場

TDKのデータ用のBDXLメディアが出回ってました。
BDXLはデータ用も録画用も実際のところ区別ないし、TDKなら自社で100%確定だろうし、特に買うほどのものでも・・・と思いつつ一応原産国をチェックすると、
 
ちゅっ、中国製??????
 
Brd100hcpwb1a_400
 
Brd100hcpwb1a_ura
 
ID的には録画用のものと同じでした。

 
Unique Disc Identifier : [BD-R-3L:TDKBLD-RNC-000]
----------------------------------------------------------------------------
Disc Type : [BD-R 3L : Class 1 - Version 2]
Manufacturer Name : [Manufacturer Not Found In Database]
Manufacturer ID : [TDKBLD]
Media Type ID : [RNC]
Product Revision : [000]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [3 Layers (L0-L2) : 497.12 GB (462.98 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [728,202,096 Sectors = 1,491.36 GB (1,388.94 GiB)]
Recording Speeds : [?x]
----------------------------------------------------------------------------
 
 
予想外に速い展開にビックリです。国内の生産ラインはもしかして4層メディアにシフトしてしまったんでしょうか?
今後BDXLメディアを買うときは製造国を要確認。
 
 
それと、海外ブランドの2層BD-Rも出回ってます。(CMC製)
ただし高いので(5枚で2000円くらい)今のところ買う価値はなさそうですが。
こっちの方はBDR-206MBK検証と、SONY BDZ-AT700検証で使う予定です。
 
Abrdl506xb5pw_400
 
Abrdl506xb5pw_ura
 
Unique Disc Identifier : [BD-R-DL:CMCMAG-DI6-000]
----------------------------------------------------------------------------
Disc Type : [BD-R DL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Manufacturer Not Found In Database]
Manufacturer ID : [CMCMAG]
Media Type ID : [DI6]
Product Revision : [000]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [2 Layers (L0-L1) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [24,438,784 Sectors = 50.05 GB (46.61 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x , 6x]
----------------------------------------------------------------------------

 

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »