« 2011年10月 | トップページ | 2012年11月 »

2011年12月25日 (日)

FF13-2(ネタばれ注意)

以下、FF13-2のネタばれあります。

 

 

 

 

 

一般には不評のFF13(無印)ですが、個人的にはかなりはまったので、当然のように13-2も買いました。
買ってみてまず最初に気になるのがディスク容量で、無印より大幅に減ってます。

 
 FF13(無印) → 37.6GB
 FF13-2 → 13.3GB

 
なんと半分以下。削られた理由はXbox360版もあるためだと思いますが、その点がまず残念。
内容はというと、FF13(無印)の最大の欠点であった、「ストーリーがさっぱりわからない!」が解消されてます。
普通に意味がわかる上に、先が気になるお話なので、非常に面白いです。
 
まずは普通にクリア。かかった時間は予想より遥かに短く、たったの23時間でした。(短っ!)
ただし、クリア時のフラグメントコンプリートは36/160と、異様に少ないです。
 
で、結末はというと、マルチエンディングということもありバッドエンドでした。途中までグッドエンドの雰囲気だったのが途中から一変するのは、完全に予想外です。(ほとんど掟破りレベル)
 
このまま終わりということもなく、FF13-2は実はクリア後が本番です。(基本的にはひたすらフラグメント回収作業)
クイズはどう考えても自力では無理なので、攻略サイト様のお世話になりました。なんとか気合で160個回収です。
 
で、再度ラスボス戦。2回目のエンディングまでにかかった時間は実に94時間。
フラグメントすべて回収したので、シークレットムービーが追加されますが、相変わらずのバットエンドです。
このままグッドエンドが見つからない場合、マルチエンディングとはいえないんじゃないか?とも思いますが、とりあえずアルティマニア発売までは様子見ですね。
 
その他は、

●3人目が必ずモンスターだというのはいいにしても、見た目がいまいちなモンスターだらけで、
 その点がまず不満。もう少しかっこいい系のが欲しい。(前作の使いまわしのモンスターだらけ)
●数多くいるモンスターの中では、トンベリ、ドン・トンベリは見た目が好みなので、アタッカーは
 ドン・トンベリの予定でしたが、途中からキチューに変更。(キチュー強すぎ)
●BGMは今回もよい。ただし、ボス戦のBGMが微妙。その代わりというわけでもないと思いますが、
 無印のBGMが結構流れます。「召喚獣」「ブレイズエッジ」「死闘」は特に好み。
●FF13-2のサントラには、FF13(無印)のBGMは収録されていない点には注意。
●戦闘は無印から比べて、いろいろとダウンしているところが多いと思う。ザコ戦に緊張感も戦略もなし!
 今回はケルベロス1点集中が可能なので、道中はほとんどボタン連打に・・・
●ジャマーの重要性がほとんどないか?と思ったら、一部のボス戦ではジャマーの「ブラッド」必須です。
●一部のワイルドオーパーツが極めて見つけにくいところにある。あれはちょっと反則レベルかと。
●ディーヴァのマイク(アイテムドロップ率アップ)ディーヴァのヘッドホン(入手ギル増加)は共に不要。
 ゲーム中で手に入る「グッドチョイス重式」の方がはるかにいいです。
●スノウの風貌が全然違うのは、実は意味があるっぽい。
●スノウ語をちょっとなんとかして欲しい。「ニッ!」「ニッ!」「ニッ!」「ニッ!」

 
 
 
 
なんだかんだと、結構楽しめました。
気が向いたら、最初のゲートを閉じて、そこからスタートしてみる予定です。

 
 
もうほとんど気合で160個集めました。クイズとか、ラッキーコインとかでは心が折れそうでしたが。

Ff13_2_1

 
 

 

アタッカーはキチューで決まりっぽい。一回しか入手のチャンスがないので、変な風に育てないよう注意。

Ff13_2_2_4
 

Ff13_2_3_6

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年11月 »